低用量ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれるもので、毎日一回服用することにより排卵を抑制して妊娠することを防げます。さらにコンドームよりも高い避妊効果があります。当サイトでは低用量ピルについて解説していきます。

たくさんの薬

女性のカラダというのは非常にデリケートなものですが、そうしたことを象徴するようなものが女性ホルモンといえます。
女性の体内から適宜分泌される黄体ホルモンや卵胞ホルモンといったホルモンは、排卵をして受精の機会にそなえたり、赤ちゃんのためのベッドとなる子宮内膜を厚く成長させるなどといった、さまざまな妊娠に向けたはたらきをするものです。
子宮内膜などは一定の期間妊娠がないと、新しいベッドをつくるために古いものが剥がれ落ちて、これが生理とよばれる現象として定期的に起こるわけです。
しかし、このようなホルモンのバランスが、ストレスなどの理由によってみだれてしまった場合には、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、気分の浮きしずみがはげしいなどといった症状となってあらわれる場合があります。
特に、生理のときにこうした症状がひどすぎて仕事や勉強にも差し支えるという場合、これを月経困難症と呼び、同様の症状が生理前だけに起こり、生理が到来後はウソのように消滅してしまうといったものを、月経前症候群と呼んでいます。
いずれにしても、こうした症状を放置してしまうと、社会生活にも大きな影響が及んでしまいますので、婦人科などで治療にあたることが必要となってきます。
そのために用いられることがあるのが低用量ピルであり、本来の効能としては避妊そのものなのですが、女性ホルモンを適度に含んでいるため、毎日飲むことでホルモンバランスを整えるといった効果や生理不順改善の効果も期待されるのです。
低用量ピルは、避妊の場合も、月経困難症などの改善の場合も、基本的には毎日飲むというスタイルになりますが、用途が異なるため、一度に飲む分量も異なりますので、医師の指示を受けて服用すべきです。
どうしても通院の都合がつかない場合は個人輸入の代行による通販を利用することで入手することも可能です。
低用量ピルを通販で購入する場合、購入時のトラブルや副作用などは自己責任になるので注意が必要になります。

記事一覧
薬を飲んでいる女性

女性が避妊をするために服用する経口避妊薬は、一般にはピルとよばれていますが、これには低用量ピル、中用...

人気記事一覧
アーカイブ