低用量ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれるもので、毎日一回服用することにより排卵を抑制して妊娠することを防げます。さらにコンドームよりも高い避妊効果があります。当サイトでは低用量ピルについて解説していきます。

低用量ピルやプラノバールの入手について

女性の生理というのは定期的に起きるものですが、なかには生理痛や頭痛、吐き気、体のだるさ、気分の変調があまりにもひどすぎるために、仕事や勉強にも差し支えるといった場合もあるものです。
特に、生理痛というのは男性にはわからない症状ですので、人知れず悩んでしまうということも多いといえるでしょう。
こうした場合には、女性ホルモンの作用をする物質を含んでいる錠剤を服用することによって、症状を改善することが可能です。
具体的に、一般には避妊の目的で使われている低用量ピルを、避妊の場合よりも多めの分量にして服用したり、あるいは、プラノバールのような中用量ピルと同様のホルモン剤を服用するなどといったことが挙げられます。
こうした低用量ピルやプラノバールを服用することによって、子宮内膜が剥がれるときの過度な子宮の収縮が抑制されるため、生理痛も起こらなくなるというメカニズムです。
低用量ピルやプラノバールを入手するためには、一般には、病院の婦人科にかかるのが近道といえます。
低用量ピルやプラノバールのような医薬品は、国内においては、医師のによる処方箋が必要となるものに該当しており、風邪薬などのように、薬局、ドラッグストアなどで気軽に購入することができないのです。
なお、低用量ピルやプラノバールを入手するに際して、医師の問診でタバコの喫煙状況について聞かれることがあります。
これは、低用量ピルなどが血栓症の副作用をもたらすことがあり、特に喫煙者の場合にはそのリスクが高くなるということによるものです。
血栓症は、血液がかたまったものが血管をふさいでしまう症状ですが、タバコを吸うと血管が細くなってしまうため、より血管がふさがる可能性が高いのです。

関連記事