低用量ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれるもので、毎日一回服用することにより排卵を抑制して妊娠することを防げます。さらにコンドームよりも高い避妊効果があります。当サイトでは低用量ピルについて解説していきます。

低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルの使い分け

薬を飲んでいる女性

女性が避妊をするために服用する経口避妊薬は、一般にはピルとよばれていますが、これには低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルといった、いくつかの種類があるものです。
こうした種類がなにをあらわしているかといえば、なかに含まれている卵胞ホルモンにあたる物質の分量がどの程度であるかということになります。
中用量ピルは、錠剤に50マイクログラムが含まれているものであり、これを基準として、50マイクログラムよりも多ければ高用量ピル、少なければ低用量ピルということになります。
高用量ピル、中用量ピルについては、かつては主流となっていたものの、現在ではまず国内ではまともに製造している製薬事業者もなく、もっぱら低用量ピルのほうが中心になってきているといえます。
それでも中用量ピルが使われるシーンはいまでもないわけではなく、生理のときの腹痛や吐き気などが尋常ではなく、仕事や勉学に手がつかないといった月経困難症、同じく生理前だけに気分の変調や腹痛などの症状があらわれるものの、生理が来てしまえば消失してしまうという月経前症候群などといった、ホルモンバランスが関係している症状の患者に対して処方されることがあります。
高用量ピルや中用量ピルは、ホルモン量が多いぶんだけ、月経困難症のような症状の改善を目的とするのであれば好都合ですが、そのいっぽうで、副作用として吐き気、腹痛、頭痛、下痢、不正出血などといった症状をともないやすく、特に強烈な吐き気などはこの種のピルの副作用の代名詞となっています。
単に避妊が目的であったり、月経困難症などでも症状が軽い場合には、低用量ピルが使われることが多く、この場合には副作用についてもそれほど強いものではありません。

関連記事
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ